【新世代ベントレーの肖像】「ベントレー・ベンテイガ」紛うことなきラグジャリーSUVの先駆け

【新世代ベントレーの肖像】「ベントレー・ベンテイガ」紛うことなきラグジャリーSUVの先駆け

ラグジュアリーなリゾート地に佇みながらも、岩や急斜面が待ち受けるクロスカントリーや砂漠を走り抜けたベンテイガの世界デビューはセンセーショナルそのもので、新世代ベントレーを世の中に知らしめた。マイナーチェンジを控えるベンティガに乗り、存在意義を再確認した。普段使いとリムジンをSUVとして両立プレミアムカーよりひとクラス上のラグジュアリーは車両価格が概ね2000万円以上。このクラス初として2015年にデビューしたのがベンテイガである。プレミアムカーとラグジュアリーの違いはキャビンに乗り込むだけですぐにわかる。ダッシュボードなどが射出成型のプラスチックでできたものがプレミアムカー、ウッドやレザーを贅沢に使って手作りされたクルマがラグジュアリーと思ってまず間違いない。ベントレーの生まれ故郷であるクルー工場は全体の半分ほどがインテリアを作るためのスペース。熟練の職人たちが手作業で加工する様子は...

| LE VOLANT CARSMEET WEB |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む