渡部竜生のビルダー列伝 第三回 レクビィ

渡部竜生のビルダー列伝 第三回 レクビィ

今はバンコン・ビルダーとしておなじみのレクビィ社だが、そのルーツは1984年創業の「バンショップ ロータス名古屋」にまでさかのぼる。日本のキャンピングカーのメインストリーム史の中では、長いキャリアを誇るビルダーといえるだろう。日本の事情に特化してバンコン専業に「バンショップ」の名前の通り、創業時は当時流行した「バニング」と呼ばれるカスタムカーを主業としていた。バニングとはワンボックスカーにエアロパーツを付けたり、内装を施すなどするカスタムのこと。だが「流行に乗るだけでは、いずれ立ち行かなくなる」という先見の明で開発したのが、今でも続くバンコン「ファイブスター」だった。40年近い間には輸入キャブコンを扱った時期もあるが、現在はバンコン専業になっている。バンコンに収まった背景には増田浩一社長の「バンコンは汎用性が高く、どんな用途にも使え、それ自体が自己完結した独立したジャンルだ」という思...

| DRIMO |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む