上半期の輸入車ランキング、Tクロスがいきなり上位に

上半期の輸入車ランキング、Tクロスがいきなり上位に

台数が伸び悩むなかで順位も大きく変動。Cクラスがまさかの10位に2019年10月の消費税増税以来、前年同期比マイナスが続いてきた輸入車販売。さらに新型コロナウイルスの影響が加わり、試練のときを迎えている。2020年6月もその傾向は続き、減少幅は5月の46.4%減よりは小さく抑えられたものの31.9%減の2万1252台と厳しい状況にある(いずれも日本メーカー海外生産車を除く外国メーカー車)。2020年上半期(2020年1~6月)の累計台数も23.2%減の11万4380台と、前年同期の14万9010台に比べて3万4630台も少なくなっている。リーマンショック後の2009年上半期も2万8000台以上減少したが、今回はそれを上回ってしまう。ちなみに日本メーカーの海外生産車に関してはタイ製の日産キックスが新たに加わったことで、乗用車に限れば5月の41.3%減に対して6月は25.8%増と一転して...

| LE VOLANT CARSMEET WEB |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む