走行距離10万キロの車に告ぐ!おすすめの交換部品と今後の注意点について

走行距離10万キロの車に告ぐ!おすすめの交換部品と今後の注意点について

車の走行距離が10万キロになったとき、車を維持するか売却もしくは廃車にするかどうかを決める大きな分岐点だといえます。近年の車は、何段階も進歩しており車の寿命も延びてきました。 1台の車を所持する平均年数は14年だという統計もあり、使用年数は増加傾向にあります。 仮に14年同じ車を乗り続けた場合、1年1万キロで計算すると約14万キロ走行していることとなります。 10万キロという走行距離は、現在では走って当たり前になってきました。 しかしいくら車の性能が向上し、なかなか壊れないといっても、日ごろのメンテナンスを怠れば、10万キロどころか5万キロでも重大なトラブルを起こしてしまいます。 今回は走行距離が10万キロを超えた車の所有者に、今後も調子よく走ってもらうためのオススメ交換部品や、今後の注意点をご説明していきます。

| MOBY |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む