「13歳の時、シャークアタックが人生を変えた」ベサニー・ハミルトンから学ぶ人生で大切な3つの教訓

「13歳の時、シャークアタックが人生を変えた」ベサニー・ハミルトンから学ぶ人生で大切な3つの教訓

1990年ハワイのカウアイ島に生まれたBethany Hamilton(ベサニー ハミルトン)。幼い頃からサーフィンを始めすぐにサーフィンの虜になり、世界で活躍するサーフィンキャリアへの第一歩を歩んでいた。そんな彼女を悲劇が襲ったのは2003年10月31日、ベサニーが13歳の時。友達とサーフィン中に、4.3mのイタチザメが彼女を襲い片腕を失うという、悲しい出来事が彼女の人生を変えました。

| WAVAL |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む