2021BMXフラットランド世界選手権で佐々木元が準優勝 2大会連続でメダル獲得

2021BMXフラットランド世界選手権で佐々木元が準優勝 2大会連続でメダル獲得

フランス・モンペリエで開催された2021UCIアーバンサイクリング世界選手権は8日、大会最終日にBMXフラットランドの決勝が行われ、日本から出場の佐々木元(ささき もと・36歳・鎌ケ谷巧業所属)が準優勝で銀メダル獲得。前回2019年大会の銅メダルに続き、2大会連続のメダルを獲得した。BMXフラットランドは、2019年11月のUCIアーバンサイクリング世界選手権より種目に追加され、コロナ禍を経て今回が2回目の世界選手権。前回大会3位で表彰台に上がった佐々木は予選7位、セミファイナル3位で手堅くファイナル進出を決めた。ファイナルでは高難度トリックを複数メイクし92ポイントをマークし、後ろに2人のライダーを残すなかで暫定首位にたち表彰台を確実にした。その後、前回大会で準優勝したフランス代表のマティアス・ダンドワ(32)が高難度なルーティンを決め、93.83ポイントで佐々木のポイントを上回っ...

| CYCLOCHANNEL |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む