中国当局が「5・22」黄河石林100kmトレイルランニングレース21選手死亡事故の調査報告と関係者の処分を発表

中国当局が「5・22」黄河石林100kmトレイルランニングレース21選手死亡事故の調査報告と関係者の処分を発表

中国・甘粛省の政府当局は5月22日に起きた黄河石林100kmトレイルランニングレースで低体温症などにより21人の選手が亡くなった事故について、調査結果と関係者の処分を発表しました。中国メディアによれば発表は6月11日に行われ、事故の直接的な原因としてコース最大の難所で急な悪天候に見舞われたこと、大会主催者の危機管理意識の欠如を挙げたほか、背景として大会主催者の運営体制や救護体制に問題があったことが指摘されています。

| DogsorCaravan |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む