万仏山岩岳尾根 緑の茂る急登尾根

万仏山岩岳尾根 緑の茂る急登尾根

長野県の北信地域でもさらに北。 万仏山は飯山市と木島平村の境に聳える。 400mほどの高低差で集落からも近く、里山と呼べる存在でありながら、山頂までの道程は険しく、一般的な登山道でも細尾根と急勾配の斜面が続く。 標高の低い山だからこその、落ち葉が積もった柔らかな地面は、脆く滑りやすい状態で、さらに緑が茂る季節になるとザックや衣服が引っかかりやすく歩きづらい。 万仏岩という巨石を経由して登るコースが一般的で、その他にも尾根を詰めて行くコースなどが複数あるなかで、今回は岩岳尾根という北側の尾根を登る。

| 登山百景 |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む