アコード・ワゴン - “アメリカのゆとり”を実感させたインポートモデル

アコード・ワゴン - “アメリカのゆとり”を実感させたインポートモデル

■新しい販売戦略を展開した4代目アコード■ バブル景気の絶頂期となる1980年代終盤、本田技研工業は4代目となる次期型アコードの開発に邁進する。モデルチェンジごとに車種ラインアップを増やしてきたアコードは、4代目ではさらなる拡大展開を図る方針が打ち出される。具体的には車種を2系統に分け、4気筒エンジンを搭載するセダン版のアコード/アスコット…

| 名車文化研究所 |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む