「いつかはクラウン」を叶えるなら今でしょ! 100万円で「名門感」が味わえる中古モデルは?

「いつかはクラウン」を叶えるなら今でしょ! 100万円で「名門感」が味わえる中古モデルは?

いつかはクラウン 今ならどのクラウン「いつかはクラウン」という言葉をご存じだろうか。1980年代後半、トヨタの4ドアセダン「クラウン」の7代目S12型、続く8代目S13型のCMで全国に流れたキャッチフレーズやコピーだ。当時のクラウンといえば、庶民が憬れる高級車で、家や家電製品のように購入することが成功の証でもあった。クラウンが爆発的に売れた時代だ。 1955年に初代が発売され、現行モデルが15代目となるクラウンだが、次期モデルは「SUVになるのでは」といったウワサもある。SUV全盛という時代の流れとはいえ、人気が高かったころを知る50歳代以上の筆者を含めたおじさんたちには寂しい話だ。だが、逆にいえば、今はセダン型のクラウンを購入する最後のチャンスかもしれない。 ただ、コロナ禍の影響などで収入が減り、予算がない人も多いだろう。なにせ、現行クラウンの価格(税込)は、エントリーモデルでも4...

| Auto Messe Web |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む