かつては「主役」だったのに何故? サーキットから「ホンダスポーツ」が姿を消す日

かつては「主役」だったのに何故? サーキットから「ホンダスポーツ」が姿を消す日

アマチュアのレース好きにとっては大打撃?  ほんの数年前までは公式だろうと非公式だろうと、参加型モータースポーツの主力だったホンダ車。しかしシビックやインテグラを中心とした往年の名車たちは、パーツの調達が難しくなり急激に数を減らしている。このままサーキットから姿を消えてしまうのか、それとも後継者へバトンを渡せるのだろうか?参加型モータースポーツの「主役」だったかつてのホンダスポーツ シビックならEG6にEK9、そして4ドアになったFD2。またDC2とDC5のインテグラにS2000。タイプRを筆頭とするホンダのアンダー2Lといえば、以前は参加型モータースポーツにおける主役だった。 ワンメイクレースでは大勢のドライバーが熱いバトルを繰り広げ、ジムカーナやダートラといったカテゴリーでも大活躍。サーキットの草レースでの人気ぶりもまだまだ色褪せない。ところが盛者必衰はクルマの世界にも当てはまる...

| Auto Messe Web |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む