トレイルランのワールドチャンピオン、キリアン・ジョルネの冒険が書籍化。6日間で2度のエベレスト登頂を成し遂げた物語。

トレイルランのワールドチャンピオン、キリアン・ジョルネの冒険が書籍化。6日間で2度のエベレスト登頂を成し遂げた物語。

トレイルランニングのワールドチャンピオンであるキリアン・ジョルネが、自ら記した精神の旅の記録が一冊の書籍にまとまり発売された。キリアン・ジョルネは、世界最高の山岳アスリートとして15年にわたって山岳スキーとトレイルランニング競技を牽引し、あらゆる大会やレースで勝利を収めてきたトップアスリート。スペイン、ピレネー山脈の山小屋で育ち、走っているときも、登っているときも、スキーをしているときも、山はいつも遊び場だった。この本では、そんな彼が単独、無酸素で、固定ロープ、無線を使わずに、6日間で2度のエベレスト登頂を成し遂げた偉業への道が綴られている他、山に登ること、走ること、自然の中で生きること、そして栄冠がすべてではないこと。生い立ちから、制覇した山岳レース、レースを共にしたパートナーたち、そして自然への想いまでがまとめられている。「この本には、人間の限界を軽く超えていくとんでもないことが...

| Runners Pulse |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む