カペラ・ワゴン - 使い勝手を追及した快適クルーズワゴン

カペラ・ワゴン - 使い勝手を追及した快適クルーズワゴン

■1番快適なワゴンを目指した2代目の個性■ マツダは、ユーザーの側に立ったクルマ作りに長けたメーカーである。1997年11月登場した2代目カペラ・ワゴンは、その事実を改めて実感させてくれた良質車だった。2代目は、約9年半ものロングライフを誇った初代モデルの優れた使い勝手を継承、一段と人間優先設計を徹底する。目指したのは「一番快適なワゴン」。…

| 名車文化研究所 |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む