レヴォーグ - 日本市場に向けて本質を磨いた新世代スポーツツアラー

レヴォーグ - 日本市場に向けて本質を磨いた新世代スポーツツアラー

■伝統のツーリングワゴンを継承するために−−■ トヨタ自動車との提携を密にし、経営の安定化や車種展開の刷新を図っていった2010年代前半の富士重工業(現SUBARU)。一方で開発現場では、レオーネ〜レガシィと続く伝統のツーリングワゴンの全面改良を計画していた。レガシィは次期型で輸出市場を重視してボディを大型化し、同時にセダンのB4とクロスオーバ…

| 名車文化研究所 |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む