完走者わずか5人!宇都宮ブリッツェンが表彰台を独占し小坂光がロードで初優勝 JCL第6戦山口ながとクリテリウムハイライト

完走者わずか5人!宇都宮ブリッツェンが表彰台を独占し小坂光がロードで初優勝  JCL第6戦山口ながとクリテリウムハイライト

9月11日、国内ロードレースのプロリーグ「三菱地所ジャパンサイクルリーグロードレースツアー2021」の第6戦山口ながとクリテリウムが山口県長門市で開催。1周800mを50周回という特異なコース設定で行われたクリテリウムは、序盤でブリッツェンが積極的に動き5名の逃げグループを形成。ブリッツェンはそのなかに3名を送り込んだ。その後、レース中盤でメイン集団をラップすると、その後メイン集団はレースから降ろされ、5人のみの優勝争いとなっていく。最終周回でキナンの中島康晴が落車し、それに巻き込まれた宇賀隆貴(チーム右京)が遅れると、残った3人は、全員ブリッツェン。最後は横一列ならびながらフィニッシュし、先着した小坂光が優勝。2017年のシクロクロス全日本王者がロードレースのトップカテゴリーで初優勝を飾った。<LIVE配信フル動画:https://youtu.be/44hrajpb-Ts><関連動...

| CYCLOCHANNEL |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む