脂肪をうまく活用してマラソンのパフォーマンスを高める方法

脂肪をうまく活用してマラソンのパフォーマンスを高める方法

マラソンを走る際、体内に蓄えられた糖質であるグリコーゲンと脂肪が主要なエネルギー源として使われます。いわば、ガソリンのようなものです。グリコーゲンは体内に蓄えられる量が限られており、マラソンを走っている途中に枯渇し、パフォーマンスの低下に繋がる恐れもあります。なので、マラソンではグリコーゲンの利用をできる限り節約することが大切です。では、どうすればグリコーゲンの利用を節約できるのか?その方法の一つはランニング中にエネルギー源として使われる、脂肪を上手く活用することです。 今回は、ランニング中のエネルギー源として使われる、脂肪の利用率を高め、マラソンのパフォーマンスの向上に繋げる方法を紹介していきます。

| ランナーズNEXT | コラム

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新のランニング記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る