いまだに多い大阪湾のフグ。被害を最小限にするための方法。

いまだに多い大阪湾のフグ。被害を最小限にするための方法。

今年の大阪湾はフグが異常に多い・・・大阪だけなのかと思い少し調査をしました。 大阪湾と対面になる三重県紀伊長島の長島湾。 魚種も豊富で釣り人には有名なところです。 調査をすべく船外機付きボートでサンマの切り身などで確認。 やはり居ました。 結構早い時点であたりがあったのでかなりの数がいるものと思います。 同じタイミングで和歌山の由良湾、田辺湾も同様です。 やはりいつも以上に多いフグ。 種類は圧倒的にクロサバフグ、次いで、サバフグ、毒サバフグ、コモンフグ・・・などです。 毎年8月から9月後半まではいるにはいるのですが、ここまで多いことはありません。 大量発生の原因としてよく巷で言われていることは、まず温暖化。 実際に海水温が何度上がったらフグが多くなるのか・・・などのデータを調べたわけではありませんが、それまでの産卵が多かったうえに天敵が存在する時期を生き延びるこ...

| FISHINGJAPAN |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む