湾奥出船のカワハギ乗合盛況!竹岡沖のベストシーズンは目前!

湾奥出船のカワハギ乗合盛況!竹岡沖のベストシーズンは目前!

食欲の秋は、うまい食材が豊富にそろう。 私にとって、カワハギがそのひとつだ。 パンパンに膨れ上がったキモを裏ごししてしょう油と混ぜる。 そのキモしょう油を付けるというより、乗せて食べるカワハギの刺身は、まさに絶品だ。 季節を問わず釣れる釣り物ではあるが、そんな理由から、カワハギの旬は秋と言ってもいいだろう。   10月19日の日曜日。 東京湾奥、荒川に架かる葛西橋のたもとにある第二泉水のカワハギ船を取材した。 黒澤正敏船長は、7時5分に桟橋から船を離すと、一路竹岡沖へと向かった。 約90分後、船がスローダウンする。私を除く17名がハリにアサリを付け、そのときを待つ。 そして6分後、船長が開始をアナウンスした。 「はい、どうぞ。やってみてください。水深は16mです」   25号のオモリはすぐ着底する。 ジッとアタリを待つ人、聞き合わせては下ろす人、竿先を海面...

| FISHINGJAPAN |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む