ブームの裏ではびこるマナー違反! テントを張る輩までいる「SA&PA」でのクルマ旅問題5選

ブームの裏ではびこるマナー違反! テントを張る輩までいる「SA&PA」でのクルマ旅問題5選

アウトドアブームの陰で広がる車中泊のマナー違反を考える キャンプブームによる愛好者の増加は喜ばしいことである反面、数多くの弊害も生み始めている。キャンプ場で大騒ぎをする、所定の場所以外にゴミを捨てる、キャンプ場の施設を破壊する……などなど、キャンプを楽しむ以前に人としてのモラル違反や犯罪行為はあってはならないことだ。 しかし、マナーに反しているのか否か、というグレーな部分として問題視されるのが「高速道路のPA・SAにおける車中泊」。ここではその問題に触れ、再考してみたい。グルメやサービスの充実でPA&SAがより快適に 高速道路のPA(パーキングエリア)やSA(サービスエリア)は、利用客の休憩を目的とした施設だ。PAは駐車場やトイレなどの設備が置かれ、SAは駐車場やトイレのほか、レストランや給油所が設けられていることが多く、PAは15km、SAは50km間隔を目安に配置されている。 ト...

| Auto Messe Web |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む