カットバックは戻る方向へ 目線を移していくことを意識!

カットバックは戻る方向へ 目線を移していくことを意識!

波のパワーゾーンへ戻るために使うカットバックは、まず最初に覚えたいターンのひとつ。いわゆる“チョットバック”からでもいいのでその感覚を体験し、ブラッシュアップしていこう。カットバックでは、戻る方向へ目線を移していくことを必ず意識!またレールを立たせることでターンの切り替えがよりスムーズになる。戻りたい方へ腕や指先を向けていくことで、上半身も自然と行きたい方向へと向く。大澤プロのように腰のヒネリをしっかりと使えば、上半身の可動域が広がるため、波の方へ目線も上体も向きやすくなるのだ。カービングやラウンドハウスカットバックよりはヒネリが浅いので、最初の練習にもぴったりだ。サーフボードのレールを立たせることにより、ターンの切り替えがよりスムーズに行うことができるカットバック。例えばレギュラースタンスでフロントサイドの波に乗る場合はここを意識したい。「左肩や左手を戻る方へ向けていくと、上半身が...

| SURFIN’ LIFE |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む