川口市から宇都宮まで餃子を食べにロードバイクで100キロ走って学んだこと

川口市から宇都宮まで餃子を食べにロードバイクで100キロ走って学んだこと

サイクリストなら一度は考えたことがある有意義な週末の過ごし方に、「100キロほど離れた場所まで自走して、美味しいご当地メニューを食べて輪行で帰る」がある。東京近郊にお住まいの方で餃子好きなら、「宇都宮餃子」がちょうど当てはまるのではないだろうか。宇都宮餃子といえば「正嗣(まさし)」を全力で推したい。宇都宮市内に4、5店舗あるが、自分が行くのは常に駒生店(こまにゅうてん)。べつに食べ比べてそうしたわけではなく、なんとなく初回に行った店にずっと通っているだけ。2000年から通い続けているので、かれこれ18年になる。地元(川口市)から国道4号線をロードバイクでひた走って行ってきたので、気づいた点、注意事項などをまとめてみよう。餃子の 「正嗣(まさし) 駒生店」とは? 宇都宮餃子の老舗店。メニューは”焼餃子と水餃子のみ”という潔さである。※両方共に210円(冷凍は200円)、1人前は6個※ご...

| サイクルガジェット | コラム

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の自転車記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る