ボルダリングが上手くなる人は登り切る意思が強い

ボルダリングが上手くなる人は登り切る意思が強い

課題を登り切るためにトライを重ねるということがフィジカル強化のトレーニングに繋がっています。ヨレてつなげれない課題がつなげれるようになってくると持久力があがり、その分登れる本数も増えるのでたくさんの課題を登れるという意味でも上達の効果が高いです。 スタートからゴールまで繋げようと思うと、最初から全力だったり、力任せに登ると最後まで持ちません。 ムーブを使い、上手く力を温存することが完登するポイントです。 力を抜くポイントがわかればわかるほどボルダリングが上達していきます。 自分自身の限界ギリギリの課題を完登したという事実ということが自信になり、クライマーのメンタルを作り上げてくれます。 それはどんなグレードでも同じです。その達成感がボルダリングの一番の魅力であり、力の源ともいえます。

| ALLEZ |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む