Sotoshiru icon
100メディアのサーフィン情報まとめ読みアプリ「ソトシル」 無料DL

『Vans US Open of Surfing』 五十嵐カノア&コートニー・コンローグが制覇!

“このイベントは自分の全てだ!”と言い切った五十嵐カノアが自身を育てたハンティントンビーチでの『Vans US Open of Surfing』でもう一人のローカルヒーロー、ブレット・シンプソンに並ぶ2連覇を約10年振りに成し遂げた。 予報通りサイズアップしたファイナルデイ。 ビーチからピアの上までぎっしりと詰まった大観衆の前で冷静さを保ちながらひたむきに自分の仕事に取り組んだカノア。 QFでは、前日のR5でロデオ気味のフルローテーションエアーをメイクし、9.87のハイエストスコアを出して主役の座を独り占めしたセス・モニーツと対戦。 SFでは昨年ツアーを脱落したジャドソン・アンドレを相手にハンティントンビーチでのお手本的なライディングで勝利。 ファイナルの相手はジェイク・パターソン率いる「Snaketales」のチームメイト、グリフィン・コラピント。 同じカリフォルニアでもグリフィンはサンクレメンテがホーム。カノアがブレットを見て育ったとすれば、グリフィンはコロヘ・アンディーノを見て育った環境の違いがある。 サンクレメンテローカルのアプローチはプログレッシブ、カノアよりも前衛的なライディングで積極的にエアーを入れてハードルを上げていた。 抜きつ抜かれつのゲームでカノアは最後に追い込まれたが、グリフィンよりも更に難易度が高いエアーをメイク。 この一本が勝負の決め手となり、家族、親友、そして彼が愛するハンティントンビーチの大観衆の前で再び頂点に立った。... THE SURF NEWS アプリで続きを読む 続きを読む

アプリでもっと見る