季節は夏から秋へ。9月・10月に堤防で釣れる魚を解説!

季節は夏から秋へ。9月・10月に堤防で釣れる魚を解説!

7月・8月と暑い夏が過ぎてようやく涼しくなってきた9月。台風が数多く通り過ぎ、釣行回数も減りがちな時期かもしれません。そんな台風も9月中旬以降~10月になると本数が落ち着き、晴れ間が多くなってきて運動会シーズンでもありますね。 紫外線は強いながらも、気温は30℃をしたまわるようになっていますが、この時期の海中は地上と異なり水温が高い状況が続きます。 そのためエサ取りが活発に動く時期。そんな秋の堤防で釣れる魚について解説します。 アオリイカの産卵シーズンは春ですが、そのころ生まれた新子が夏の間に餌を盛んにとり9月にはエギで狙えるサイズに成長します。胴長が10cm前後の個体がメインですが、生まれた時期や餌の具合によってさらに大きい個体も狙えます。 この時期のアオリイカは警戒心が高くはないため数釣りも可能で初心者がエギングをはじめるのにもっとも適したシーズンでもあります。

| ORETSURI | 知っておきたい知識・マナー

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の釣り記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る