Sotoshiru icon
100メディアのランニング情報まとめ読みアプリ「ソトシル」 無料DL

ランの新しいスタイル「ストリートランニング」を切り開くシューズadidas PureBOOST GO

(写真 David Frank/編集部ランニングシーン 協力 アディダスジャパン )目的も距離も決めず、自由気ままにに駆け出す。アディダスが提唱する新しいランニングのスタイル、「ストリートランニング」が面白いことになりそうです。アディダスが開発した専用シューズ〈PureBOOST GO〉を履いて、思わず走り出したくなったonyourmark編集部が、「ストリートランニング」にトライしてみました。またアディダスジャパンでは、この9月に12種類ものストリートランニングセッションを予定。気負わず楽しめる新しいランニングのスタイルを、体験してみてはいかがでしょうか?onyourmark編集部チームも、ストリートランニングを実践!レポートは後述。新しいランのスタイル ストリートランニングランニングと一口に言っても、スロージョグからインターバルトレーニング、走る場所だって、新緑のトレイルからジムのトレッドミル、都会の幹線沿いまで様々。この度、アディダスが『街を無限に面白くする』をスローガンに提唱するのが「ストリートランニング」。その中身は、次のように要約できます。・時間や目標を決めず、即興的に走る・ランニングを通じて街を「発見」し、様々な事象と「出会う」・走ることで精神をリフレッシュ、ストレスをリセットするランニングをしたことのある方なら、セッション後の充足感を味わったことがあるはずです。軽いジョギングでも、「走ってよかった」と思うのは、ランニングが体だけでなく、ココロに効いているから。朝イチのランニングで、その日の仕事に気合が入る、なんてことも。そんなランニングのもつリフレシュ力で、気持ちよく走ろうとするのがストリートランニング。行き先も、走る距離も決めずに即興的に、流れに任せて走るストリートランニングでは、「この角の先は何があるんだろう?」「こんな小道があったんだ」とその場その場で走る方向をチェンジ。探検にも近いワクワク感で街と近づいていきます。景色の変わらないトレッドミルや、淡々と練習のように決まったコースでのペース走と違って、気分で楽しめちゃう走り方なのです。そんなストリートランニングは、一人でも楽しいけれど、仲間と一緒だとなおのこと楽しいんです。舞台がストリートなんだから、仲間のことはチームメイトでもトレーニングパートナーでもなく、「クルー」と呼ぶのが気分。遊び仲間か共犯関係か、オモシロイ遊びを共有できる仲間と街を走りたくさんの刺激を受けてみてはいかがでしょうか。アディダスのオフィシャルムービーにも、そんなクルー感が溢れています。横の動きを自分のモノにこの動画を見ても分かる通り、自由気ままに走るストリートランニングでは、とっさに曲がったり、小刻みなヨコ移動があったりと、トリッキーな動きが多いのが特徴。その動きに対応するシューズとして、新しく登場したPureBOOST GOを履いて、onyourmark編集部チーム、つまりはクルー! がストリートランニングに挑戦してみました!onyourmark編集部がストリートランニングにトライ目的も時間も決めないで走るストリートラン、気まぐれに街を駆け抜け、曲がり角ごとに待つのは新しい刺激や発見。これは面白そう! ということで、onyourmark編集部のランニング班もチャレンジ! いつもはログをとって、トレーニングのために走ってるから、いざ自由に走っていいとなると少し戸惑いも。でもいざ走り出してみると……昼間からは想像できないくらい人が少ない朝の竹下通り。静かな通りに違和感を感じながらも、いつもと違う街の雰囲気に走りながら高揚していきます。あっちにいったり、こっちにいったり、飛び跳ねてみたり。普段のランじゃ絶対に登らないお寺の階段を何度も駆け上がったり、思いつきで細い小路に飛び込んで見たり……ランの速度で過ぎていく風景は新鮮で、東京が違って見えてきます。トレッドミルや皇居をぐるぐる回るだけでない楽しみ方、ここにあります。ランナーの直感、あるいは思いつきで一気に曲がったり、ジャンプしてみたり、といったタテヨコの動きによくついてきてきてくれたPureBOOST GO。軽さとクッション感が抜群ですいすいっと足が前に出て行きます。筆者は長らく左膝の痛みに悩まされていたのですが、PureBOOST GOではそれがなく、嬉しさのあまり別の日に一人で10kmを走ってしまいました。再び竹下通りに戻ってくると、朝の時間も進んでいて人の流れも増えてきました。こうした街の時間軸上の変化も、走りながら体感できます。曲がり角での横の動きにもしっかりと路面を捉えグリップしてくれたPureBOOST GO。安心感があるので、つい余計に曲がってみたくなります。すべての街角が新しい進路になる!走りながらつい笑顔がこぼれてしまうストリートランニング初体験でした。ストリートランニングのためのPureBOOST GO外観でまず特徴的なのは、幅広の前足部。ストリートランニングで多用されるターンや横の動きに対応するべく、アッパーにはしなやかなサーキュラーニットを、ミッドソールにアディダスのお家芸BOOSTフォームを採用し、その外側をストレッチウェブアウトソールで補強することでねじれ剛性を向上。走行中の重心移動を安定感をもってサポートするシューズになっています。幅広の前足部によりソールの面積も広く取られ、小石などが挟まってもしっかりと路面を捉えてグリップ。自然と足が前へ出るようなBOOSTフォームの柔軟性とあいまって、思い立ったらすぐ走り出すというストリートランニングの動きに適した一足に仕上がりました。また、走ることは生活の一部という考えから、街に溶け込むライフスタイル寄りのカジュアルなデザインも、日常履きのシューズとして嬉しい気配り。PureBOOST GOサイズ|メンズ(ユニセックス):22.0cm~32.0cm/ウィメンズ22.0cm~28.0cm重量 |メンズ:約295g(27cm)/ウィメンズ:約259g(24cm) ※片足価格 |¥13,000(税別)URL |shop.adidas.jp/running/pureboost/取扱い店舗|アディダスオンラインショップ、全国のアディダス直営店、ABC-MART、その他全国のアディダス取り扱い店舗メンズ(ユニセックス)は、ランニングホワイト/グレーワン/グレーTWO、カーボン/コアブラック/パワーレッド、コアブラック/グレーファイブ/グレーフォアの3色ウィメンズは、ランニングホワイト/グレーワン/グレーTWO、カーボン/コアブラック/パワーレッド、の2色ストリートランニングを体験できるスペシャルセッションを開催!9月8日(土)~9月30日(日)の期間中は、アディダスのランニングコミュニティ「adidas Runners of Tokyo」にて、ストリートランニングを体験できるスペシャルセッションが12種類(!)開催されます。狭い路地・コーナーの多いエリアや、ランニングスポット付近の新ルートなど、東京の様々なエリアを舞台にしたストリートランニングを最新のPureBOOST GOを履いて体験することが可能。ランニングの新たな楽しみ方を、このセッションで感じてみましょう。対象は18歳〜35歳の方となっています。「アート x ランニング」や、「VS バス」「ストリートロゲイニング」「サイエンス x ランニング」などなど、タイトルを聞いただけでも興味を惹かれるセッションが多数。時間に縛られないストリートランニングを体現するかのように、多くのセッションが昼や夕方ごろ開始されます。集まった「クルー」たちとともに、爽やかに汗を流して「発見」と「リフレッシュ」のセッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。ストリートランニングスペシャルセッションの日程・申し込みは下記URLからshop.adidas.jp/running/community/special-event/ アディダスジャパンPureBOOST GO shop.adidas.jp/running/pureboost/... onyourmark アプリで続きを読む 続きを読む

アプリでもっと見る