スイレンやハスが冬枯れの水面に残っている!冬の水草カバーを活用してバスを釣るにはどうすればいいの?常駐していないバスが立ち寄るタイミングをチェック!

スイレンやハスが冬枯れの水面に残っている!冬の水草カバーを活用してバスを釣るにはどうすればいいの?常駐していないバスが立ち寄るタイミングをチェック!

冬になると、水面を覆っていたヒシモなどの藻は、ほとんど枯れてしまいます。 残るのは、水生多年草であるスイレンやハス。 それらもいよいよ茶褐色に変色してきましたが、太い茎に支えられてしっかりカバーを形成していますよ。

| FISHINGJAPAN | 釣り方・テクニック

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の釣り記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る