Sotoshiru icon
100メディアのサーフィン情報まとめ読みアプリ「ソトシル」 無料DL

変わりゆくバリ島:開発が進むチャングーとスランガンの現在

サーフィンを観光資源とし、多くのサーファーやサーファー予備軍が訪れるインドネシアのバリ島。 観光客が集まると言うことは開発のスピードも速く、私が初めて訪れた20年ほど前と比べても大きく様変わりしています。 典型的な例がクラマスで、10年ほど前にはブレイク目の前に小さなワルン(食堂)があるだけでしたが、コムネリゾートが建設されてからはナイター照明でナイトサーフィンができるほどのリゾートエリアとなっていますし。 THE SURF NEWS

公式SNSでもサーフィン情報を更新中
アプリで続きを読む 続きを読む

アプリでもっと見る