Sotoshiru icon
100メディアの自転車情報まとめ読みアプリ「ソトシル」 無料DL
最大69%OFF!お得なタイムセールアイテムが162

ロードバイクの「安いもの」と「高いもの」でどう違うのか徹底解説

はじめてロードバイクを買おうと思ったときに、値段をみて安いものと、高いものって何が違うのだろうと思われたことはありませんか。 この記事ではロードバイクの安いものと高いものの違いや、さらにはロードバイクの選び方をご紹介します。 ロードバイクの値段はおよそ8万円前後から100万円前後ほどまでです。車でいうと街乗りのスポーツカーからF1カー並みのものまで市販されています。 また、ロードバイクには値段によってグレードがあり、メーカーによって区切る値段は違いますが、ローエンドモデル、ミドルレンジ、ハイエンドモデルと呼ばれます。 おおよそ、10万ほどまでがローエンドモデル、20万円から50万円ほどまでがミドルレンジ、60万円を超えてくるとハイエンドモデルと呼ばれ、プロのレースシーンでも使われることがあります。 ロードバイクは高くなればフレームやコンポはもちろん、ホイール、タイヤ、細かいところ... LIFE-B

公式SNSでも自転車情報を更新中
アプリで続きを読む 続きを読む

アプリでもっと見る