意外と簡単!ウェットスーツの接着割れや、切りキズ等の修理方法

意外と簡単!ウェットスーツの接着割れや、切りキズ等の修理方法

ウエットスーツのボンドは、「塗ったら乾かす!」が基本。今回の修理箇所は、ラバーの表面のキズになります。この一通りの修理方法を順を追ってみていきましょう。(※作業に入る前に、必ず換気を行ってください。ボンドは溶剤です。別途取扱説明書も必ずご覧下さい。) 1)傷口の汚れを落とし、よく乾いているか確認してください。 2)ご用意いただくのは、市販のウエットスーツボンドと竹串。(短い爪楊枝より、長い竹串のほうが◎) 3)竹串に少しだけボンドを取り、修理する箇所の両面に、ボンドを薄く塗ってください。 「いいね!」してFacebookでサーフィン情報をチェック >>

| WAVAL | その他

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新のサーフィン記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る