【blocz】ドイツ製ボリュームメーカーの造形・こだわり・優しさ

【blocz】ドイツ製ボリュームメーカーの造形・こだわり・優しさ

このホールドメーカーに良い思い出はありません。 今回紹介するのは”blocz(ブロックズ)”というホールドメーカー。ドイツ出身のメーカーなので、正しく発音するとブロックツととなるのかも。ドイツの技術力が活かされたシェイプとデザインが両立した目を引くデザインが多いので見たことがあるクライマーも多いかも。 bloczの大きな特徴は大型のボリューム(ハリボテ)を中心に生産しているホールドメーカーなのです。flatholdやSimpl.にも共通する特徴ですが、Bloczはその偏りが極端なのです。公式ホームページのホールド紹介ページのリンク数を数えてみたのですが、小型ホールドが19種類に対して、ボリュームの種類が107となっています。また、木製で軽量だったり、設置がしやすいように工夫されていたり、チョークやソールの汚れが落としやすいというクライミングジムにも嬉しい特徴もあります。 曲線を中心と...

| POZNEN | クライミング・ボルダリング

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の登山記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る