Sotoshiru icon
100メディアの釣り情報まとめ読みアプリ「ソトシル」 無料DL
最大30%OFF!お得なタイムセールアイテムが90

青物の王様、ヒラマサを食べよう!美味しさの裏には旨みを引き立てる組み合わせがあった!?ちょっとした工夫や下準備まで丁寧にお教えします!

魚の生食を好まない外国では、概して赤身魚より白身魚が好まれるようですね。 椅子の脚以外はどんな四つ脚の生き物でも食べるとさえ言われる食文化の殿堂、中国でさえも海の魚はハタ科の魚のような白身が珍重され、日本人が大好きなブリやヒラマサ、カンパチのような青物と呼ばれる魚は、評価が低いようです。 歯にまとわりつくような、むちっとした食感を楽しみながら噛みしめている間に、ほのかな甘味を伴って口の中に広がる脂の旨み…、その美味しさを知るのはひょっとしたら日本人だけかも知れませんね。 青物の王様にも例えられるヒラマサの旬は夏です。 反対に、大人から子供までが大好きなブリの旬は冬ですね。 美味しい時期は真逆ですが、その味は甲乙つけがたいですよね。 そんな宿敵とも言える両者ですが、今回は特にヒラマサの美味しい料理方法をご紹介しましょう! FISHINGJAPAN

公式SNSでも釣り情報を更新中
アプリで続きを読む 続きを読む

アプリでもっと見る