Sotoshiru icon
100メディアのランニング情報まとめ読みアプリ「ソトシル」 無料DL
最大30%OFF!お得なタイムセールアイテムが90

SOFTNESS 柔軟性を鍛える

(監修 中野ジェームズ修一(フィジカルトレーナー、米国スポーツ医学会認定運動生理学士)/イラスト 越井隆/文 黒澤祐美)【関連記事】トレーニングにおけるバランスの重要性について可動域を広げて怪我リスクを減らすウエイトリフティングであれば「重量を上げること」、ランニングであれば「速く走ること」に意識が向きやすく、筋肉の柔軟性ときちんと向き合う人は意外と少ない。ストレッチには、ダメージを受けた筋肉の緊張を緩めて回復を促す効果だけでなく、関節可動域を広げて怪我のリスクを減らすというメリットもある。関節可動域が広がれば動作も大きくなり、場合によってはパフォーマンスに直結することは大いにありうるのだ。柔軟性をチェックし、不足しているとの評価が出た種目に関しては入念にストレッチを行い、少しづつ可動域を広げよう。上肢と下肢の可動域をチェック肩関節周辺両手を背中で組むチェック。右手は肩から背中、左手... onyourmark

公式SNSでもランニング情報を更新中
アプリで続きを読む 続きを読む

アプリでもっと見る