Sotoshiru icon
100メディアの釣り情報まとめ読みアプリ「ソトシル」 無料DL
最大26%OFF!お得なタイムセールアイテムが218

潮干狩りにおける孔明の罠。「こんな泥臭いアサリ汁が食えるか!」と海原雄山に言われないために覚えておきたいこと

美味しんぼで「椀方試験」という回がある。 美食俱楽部につとめる良蔵の「椀方」への登用試験として、海原雄山が指定したのはしじみ汁で、良蔵は落第。 悲しみの果てに何があるかなんて俺は知らない見たこともない。と、良蔵が絶望しているところ、山岡士郎がよし宍道湖にいこう!と誘う話だ。 ネタバレをすると、良蔵が築地あたりで仕入れてつかっていたのは殻の黒味が強い霞ヶ浦産のヤマトシジミでこれは泥底で育つのですまし汁には向いていないという話。 宍道湖の砂地エリアで育ったヤマトシジミは、殻色がやや黄色じみていて、臭みが少なくすまし汁につかえるが、関東にはめったに入らないという設定だった。 実際に多摩川河口のしじみはヤマトシジミでも、泥底、それもヘドロ底で育っているので身の奥底に泥臭さ、都市河川臭さがある。これは泥抜きをしても抜けきらないニオイなので料理法に工夫が必要だ。 ORETSURI

公式SNSでも釣り情報を更新中
アプリで続きを読む 続きを読む

アプリでもっと見る