上方と東北の融合。マゴチと蕪のアラ汁・白味噌仕立て

上方と東北の融合。マゴチと蕪のアラ汁・白味噌仕立て

今回はマゴチのアラを蕪と味噌汁にしてみた。 味噌というと日本人にとっては当たり前すぎて、あなどる人がいる。だが、味噌をなめたらあかん。 ひと口に味噌といっても、日本列島には様々な種類がある。米・大豆・麦を原料としてはいるものの、麹や塩の配合、土地それぞれの気候や水によって二つと同じものはない。 手前味噌という言葉もあるように、むかしは家庭でも味噌をつくっていて、家独自の味があった。

| ORETSURI | 釣り飯・レシピ

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の釣り記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る