Sotoshiru icon
100メディアの自転車情報まとめ読みアプリ「ソトシル」 無料DL
最大81%OFF!お得なタイムセールアイテムが194

【TEAM ユキヤ通信 2019 №11】落車後、初の実走!「やっと先が見えました」

3月13日にタイでの自主合宿中の落車により左肘の粉砕骨折、骨盤骨折の怪我を追ってから、献身的なサポートの下、治療、リハビリに専念していた新城選手が、15日に落車以来初めて、外での実走を行った。 5月10日、JISS(国立科学スポーツセンター)での最新の診察での現状は、左骨盤は7割から8割の仮骨が確認され、完治に近いが、手術した左肘は、骨をつなぎ合わせるために入れたワイヤーとスクリューの感傷によって、若干、伸縮に違和感を感じることがあり、まだ仮骨が完全ではない、という診断であった。 5月7日からエリート・インタラクティブ・トレーナーでの室内トレーニングを開始していた新城選手は、JISSでの診断結果から担当ドクターと相談し、外での実走が出来ると判断。14日~16日まで軽井沢での復帰合宿を行い、落車以来はじめて外でマシンにまたがりペダルの感触を確かめた。 BiCYCLE CLUB

公式SNSでも自転車情報を更新中
アプリで続きを読む 続きを読む

アプリでもっと見る