Sotoshiru icon
100メディアのサーフィン情報まとめ読みアプリ「ソトシル」 無料DL

サンゴ礁に有害な日焼け止めの成分とは?どんな影響がある?

2018年ハワイでサンゴ礁に有害な成分を含んだ日焼け止めの販売・流通が禁止される法案が可決され、2021年1月1日より施行されます。その他パラオ・オランダ領ボネールなどでも規制の法案が可決、世界的に規制の流れが進んでいて今後エリアが拡大していくことも考えられます。※日焼け止めの規制は、販売・流通の不可、持ち込みは可、持ち込みも不可など地域によって違いがあります。サンゴ礁に有害な日焼け止めの成分は?規制の対象になっていてサンゴ礁に有害だと言われているのは「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」の主に2つの成分です。一般的に販売されている日焼け止めでSPF・PA効果の高い日焼け止めには入ってることが多く、「オキシベンゾン」は紫外線を吸収させる役割を持っている成分です。そしてもうひとつの「オクチノキサート」は日本で「メトキシケイヒ酸オクチル」または「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」というよ... 波乗りハック アプリで続きを読む 続きを読む

アプリでもっと見る アプリでもっと見る