プロ選手はやっているけど、アマチュアサイクリストがマネしないほうがいいこと6選

プロ選手はやっているけど、アマチュアサイクリストがマネしないほうがいいこと6選

テレビやYouTubeでプロサイクリストの走りを見慣れてしまうと、ついつい彼らのマネをしたくなってしまう。あまりにもカンタン(そうに)やってのけるので、「自分にもできるんじゃ…?」と錯覚させられてしまいそうになるのだ。もちろん、できるわけはない。彼らはそれで飯を食うプロであり、一般人は厳に慎むべきである。そんな例がGlobal Cycling Network で紹介されていたので翻訳して紹介しよう。6 Things To Leave To Pro Cyclists(プロに任せておくべき6つのこと)目次1.車を風よけに使う2.バイク上でのフィジカルコンタクト3.下りのポジションがエクストリームすぎる4.バンダナを乗車中に外す5.手放し運転6.その他、動画内のコメント欄の指摘1.車を風よけに使う強風の冬場など、ものすごくやってみたくなる。「このトラックの真後ろにつけたらどんなに楽に走れる...

| サイクルガジェット | コラム

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の自転車記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る