ミッドソールの理想を適えたブーストフォーム – adidas

ミッドソールの理想を適えたブーストフォーム – adidas

(写真 吉野洋三 [TAKIBI] / 文 磯村慎介 [100miler] )パフォーマンス・ファースト。質実剛健で知られるドイツのブランドだからだろうか、アディダスのシューズ開発は、常にギアとしての最良を追求し続けている。その姿勢がよく現れているのが、2013年に発表されたブーストフォームだろう。ドイツの化学企業BASFと共同開発したミッドソール材で、細かな発泡粒子の集合体からできているのが特徴。一般的なミッドソール材はEVAが用いられる。EVAは元となる原料を発泡して膨らませたもので、ひとかたまりの大きなクッションをイメージしてほしい。対してブーストフォームはTPUと呼ばれるポリウレタンを仮発泡させた、数千ものセルの集合体となる。第一のメリットはクッション性と反発力の高さ。クッションと反発は基本的に相反する特性だけれども、細かい粒がたくさん集まることで両立できるのだ。ことに反発力...

| onyourmark | シューズ・アイテム

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新のランニング記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る