WSL QS white buffalo HYUGA PROが終了。女子は都築有夢路が3位、男子は村上舜が優勝。

WSL QS white buffalo HYUGA PROが終了。女子は都築有夢路が3位、男子は村上舜が優勝。

宮崎県・日向で行われていたwhite buffalo HYUGA PROは20日に全ての日程を終了した。ISAワールドサーフィンゲームスで活躍した村上舜がQS1000で圧倒的な力を見せて優勝。次はWSLアジア・リージョナルチャンピオンを目指して台湾で行われるQS3000に参戦する予定だ。女子はQS3000とグレードが高い1戦となり、今年も海外勢が多く参戦。そのなかで日本人初のウィメンズCTサーファーを目指す都築有夢路がセミファイナルまで勝ち上がり見事3位に入った。これにより現時点でのQSランキングを5位にまであげており、CT入りへまた1歩近づいた。今後、都築は、QS1500 Phillip Island Proに参戦した後に最後のQS6000に挑む予定とのことだ。現在14,030ptを所持している都築だが、バックアップが700pt,650ptのものがありそれを残2戦でどこまで上げられ...

| SURFIN’ LIFE | 大会レポート

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新のサーフィン記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る