Sotoshiru icon
100メディアの釣り情報まとめ読みアプリ「ソトシル」 無料DL

失敗しない「イナダ」料理は期待値調整に鍵がある。日清イナダラーメンの秘密

イナダはブリの若魚。関東ではワカシ→イナダ→ワラサ→ブリという順に呼ばれる出世魚でもある。 人間であれば、ワカシが小学生・中学生なら、イナダは高校生ぐらいのイメージをもっている。なぜそう思うか?なんとなくね。見た目がね。 舌が「脂」になれている今日では、さらに成長したワラサやブリと比べると「脂が少ない」とされている。そのため、あまり好まれないこともしばしば。これは食味の「期待値調整」の問題だと思う。 釣り上げた魚を人にシェアするときも、自分で食べる時も期待値調整はしたほうがいい。 失敗しないイナダの食べ方は2種類だと思う。 脂ノリの未熟さをポジティブにとらえて、さっぱり食べる 調理によって油分を足して、満足度を上げる 人にあげるときは、「イナダはブリの若者で、まだ脂がのっていないので、さっぱり食べるか、揚げたり油をつかう料理がオススメ」と言おう。これ... ORETSURI アプリで続きを読む 続きを読む

アプリでもっと見る アプリでもっと見る