ボルダリング後の手荒れ対策のおすすめ

ボルダリング後の手荒れ対策のおすすめ

ボルダリングではどうしても手が荒れてしまいますが、根本的な原因は主に2つのことが挙げられます。 クライミングに必要なギアの一つにチョークがあります。 チョークの主成分は炭酸マグネシウムで、その役割は実は滑り止めではありません。 手汗を吸着し、ホールドを持つ時の手汗によるスリップダウンを防止することです。 直接的ではないにしろ、関節的に影響を受けているのです。 ボルダリングをすること自体、手には大きな負担がかかります。 表面がざらざらとした紙やすりのようなホールドを持ち、重力がある中で体重を支えるのです。 ホールドの間にある負担が集中するのが手の皮膚です。 痛くはなくても毎回ホールドで手を削っているようなものなので、実際には目に見えない傷や断裂が肌荒れという結果となって現れます。

| ALLEZ | クライミング・ボルダリング

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の登山記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る