トラックW杯第4戦 チームスプリント日本代表が2度の日本記録更新で16年ぶりに金メダル獲得

トラックW杯第4戦 チームスプリント日本代表が2度の日本記録更新で16年ぶりに金メダル獲得

12月6日、ニュージーランドで2019-2020トラックワールドカップ第4戦が開幕し、男子チームスプリント決勝で、日本チーム(雨谷一樹・新田祐大・深谷知広)がポーランドに勝利し2003年以来16年ぶりに金メダルを獲得。photo:JCF1回戦で42秒842を叩き出し2013年に出した日本記録(43秒092)を6年ぶりに更新。さらに決勝では更にそれを上回る42秒790を記録。この快挙により日本チームはオリンピック出場枠の獲得へ一歩近づいた。◯雨谷一樹選手コメント自分のこれまでの最高の成績は銀メダルだったので、それを超えることが出来てとても嬉しいです。◯新田祐大選手コメントこの色に勝る色は無いと感じました。香港大会でのミスもあり、新たな目標を立てることが出来ました。この3人の中ではオリンピックでもメダルを狙えるのではないかと話をしていて、今回の金メダルで日本のチームスプリントの立ち位置を...

| CYCLOCHANNEL |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む