トラックW杯第4戦 深谷知広がスプリントで史上初の銀 梶原悠未がオムニアムで2大会連続の金

トラックW杯第4戦 深谷知広がスプリントで史上初の銀 梶原悠未がオムニアムで2大会連続の金

12月8日、ニュージーランドで行われた2019-2020トラックワールドカップ第4戦ニュージーランドは最終日を迎え、男子スプリントに出場した深谷知広が日本史上初となる準優勝を果たし銀メダルを獲得。さらに同種目に出場した新田祐大が3位に入り日本人選手が表彰台に2人並ぶという快挙を達成した。さらに女子オムニアムに出場した梶原悠未が前回の第2戦に続き金メダルを獲得した。男子スプリント表彰(左・深谷、右・新田)photo:JCF■深谷知広 偉業づくしの銀メダルスプリントの予選200mタイムトライアルで日本新記録となる9秒609を叩き出した深谷。その後決勝まで勝ち進み、第2戦と第3戦で勝利をおさめているポーランドのマテウス・ルディクと対戦し金メダルを狙ったが惜敗。史上初の銀、日本記録更新、3大会連続のメダル獲得といった偉業づくしの結果にも悔しさが残る形となった。◯深谷知広コメント悔しい気持ち...

| CYCLOCHANNEL | イベント・スポット

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の自転車記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る