Sotoshiru icon
100メディアのランニング情報まとめ読みアプリ「ソトシル」 無料DL

数字で振り返る箱根駅伝〜あの話題のシューズは高速化にどう影響したのか?

全210名の選手のうち177名の選手が着用まず注目すべきはその着用率。なんと参加した全210名の選手のうち177名(往路87名、復路90名)がナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%を履いており、84.3%に及んだ。ちなみに総合上位3校の青学、東海、國學院の選手は全員がナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%を着用していた。各区間賞を支えたナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%は各区間賞を獲得した選手の足も支えた。東洋大の相澤晃選手は、2019年に走った4区に続き、2020年の2区でも区間新記録となる1:05:57の快走。3区(21.4km)で過去の記録(1:01:26)を2分1秒縮め、初めて1時間を切る59:25の好タイムを出し、ハーフマラソンの世界記録(58:01)に迫る記録となった東京国際... onyourmark アプリで続きを読む 続きを読む

アプリでもっと見る アプリでもっと見る