濃霧と雨中のレースを制した武山晃輔が念願のタイトル獲得 2019全日本ロード男子U23

濃霧と雨中のレースを制した武山晃輔が念願のタイトル獲得 2019全日本ロード男子U23

6月28日、富士スピードウェイで行われた全日本選手権ロードレース男子U23。濃霧と激しい雨の中、距離短縮となったレース。その影響で激しいアタック合戦が繰り返され最終局面に20名余りが残るサバイバルレースの展開に。残り600メートル余りのホームストレートで積極的に飛び出した武山晃輔。最後はトラック中長距離スペシャリスト沢田桂太郎とのロングスプリント勝負を制し、武山が念願のタイトル獲得となった。【ロードレース 男子U23 結果】優勝 武山晃輔(Team UKYO)3h07’33”2位 沢田桂太郎(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+0’00″3位 今村駿介(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+0’08″

| CYCLOCHANNEL |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む