災害は忘れた頃にやってくる。火山の危険 – 岩崎元郎の山談義

災害は忘れた頃にやってくる。火山の危険 – 岩崎元郎の山談義

ぼくは、危機管理の大切さを再三指摘している。危機管理はイマジネーションだ。起こりうる問題を想定して対策を考える、それが危機管理である、と。 御嶽山が爆発した。2014年9月27日、紅葉真っ只中、良く晴れた土曜日の昼頃とあって大勢の登山者が山頂付近で寛いでいたところに突然の爆発、60人を超える登山者が犠牲になった。

| GoALP | 登山知識・アイデア

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の登山記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る