キャンプで気をつけるべき危険生物&いざというときの対処法をおさらい!

キャンプで気をつけるべき危険生物&いざというときの対処法をおさらい!

自然豊かなキャンプ場にいるのは人間だけではありません。鳥や虫などさまざまな生きものがいますが、中には危険な動物もいます。暖かくなって生きものたちが本格的に動き出す前に、危険生物の種類や対策、対処法などを勉強しておきましょう。危険度生物の代名詞、出会いたくない獣たちまずは有名どころから押さえていきましょう。・クマ山の中だけでなく人里にまで出没することもあるクマ。日本にいるのはヒグマとツキノワグマの2種類です。冬は眠っていますが春になると冬眠から目覚め、エサを探しに行動し始めます。そんなときクマとばったり出会い、襲われたらひとたまりもありません。一撃で死んでしまうこともあります。対策としては腰にクマ避けの鈴やラジオをつけること、エサになりそうな食料や食べ残しを山に捨てないことなどがあります。また、クマがよく活動するとされる朝方や夕方などの薄暗い時間に出歩かないようにし、まずは出会わないよ...

| cazual(カズアル) | アイデア・知識

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新のキャンプ記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る