ロングボード界のカリスマ43歳ジョエル・チューダーが息子達の前で初めて見せた16年ぶりの優勝

ロングボード界のカリスマ43歳ジョエル・チューダーが息子達の前で初めて見せた16年ぶりの優勝

WSL / THOMAS BENNETT カリフォルニア州サンディエゴ出身43歳、ロングボード界のカリスマ ジョエル・チューダー(Joel Tudor)。父の影響で5歳からサーフィンを始め、14歳にしてプロサーファーとなりワールドチャンピオンに2回輝いた。その後コンテストツアーから離れ、クラシックロングボードの世界観を呼び起こしたい想いで立ち上げた招待制イベント『ダクトテープ・インビテーショナル』を世界各地で開催。コンテスト復帰したジョエルが今回、16年振りにWSLツアーで優勝を果たした。 カリフォルニア州サンディエゴ出身43歳、ロングボード界のカリスマ ジョエル・チューダー(Joel Tudor)。父の影響で5歳からサーフィンを始め、14歳にしてプロサーファーとなりワールドチャンピオンに2回輝いた。その後コンテストツアーから離れ、クラシックロングボードの世界観を呼び起こしたい想いで...

| WAVAL | その他

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新のサーフィン記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る