コロナウィルスの影響でWSLサーフィンイベント計13個の中止や延期が決定

コロナウィルスの影響でWSLサーフィンイベント計13個の中止や延期が決定

先日、日本でも新型コロナウィルスの影響で、2020東京オリンピック出場選考を兼ねた強化合宿や、バリ島でのJPSA第1戦(4月5日〜11日)の延期が発表されが、今回はWSL(ワールドサーフリーグ)より3月のWSL関連イベント全ての中止と延期が発表された。オーストラリア スナッパーズロックで開催されるWCT開幕戦(コロナ・オープン・ゴールド・コースト:3/26~4/5)は中止に。またWSLアワードなど含め、13個のWSL関連イベントが中止、または延期となった。 今回の決定は先日、世界はCOVID-19によるパンデミック宣言を行なった世界保健機関(WHO)、並びにアメリカ疾病予防管理センター、米政府、イベントが開催される地元の専門家のガイダンスに基づいている。 今回の決定は先日、世界はCOVID-19によるパンデミック宣言を行なった世界保健機関(WHO)、並びにアメリカ疾病予防管理センター...

| WAVAL | 大会レポート

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新のサーフィン記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る