サーファーに知っておいて欲しいバリ島のゴミ事情 – 今からバリ島に来る人たちにできること。

サーファーに知っておいて欲しいバリ島のゴミ事情 – 今からバリ島に来る人たちにできること。

バリ島。約一週間ぐらいの滞在だと、いい波と、ヤシの木の茂る美しいビーチや美味しい料理、インスタ映えするヒップなカフェなどに触れて帰路につく人がほとんどだと思う。もちろんそれもバリの一面ではあるけれど、もう一面には、インドネシアという途上国が抱える様々な問題があり、その一つにゴミ問題があることを、バリを愛するサーファーには知っておいて欲しい。いや、バリに来るみんなに知ってほしい。 バリでの一般的なゴミ処理法は分別なし。生ゴミでも乾電池でもカンや瓶でも、全て同じゴミ箱に捨てるのが常識となってしまっている。日本では常識外れにもほどがある事実であろう。 一週間に一回、ゴミ収集トラックが各家庭ゴミを回収。回収されたゴミはゴミ埋め立て地に投棄されるだけ。想像力のたくましい読者だったらお気付きのように、分別のされないゴミの山からはヘドロや有害化学物質が発生し、見ることすら憚れる光景になっている。そ...

| WAVAL | その他

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新のサーフィン記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る